イタリアでは食べられているけれど日本ではあまり知られていない、本場そのものの料理を味わっていただけます。 イタリア人も認める、ピエモンテーゼ(ピエモンテ料理)、イタリア産ウサギのラグーやアニョッロティ・デル・プリン(詰め物パスタ)、タィヤリン(極細手打ち卵麵)などは、日本ではなかなか見かけないメニューで、お店でも人気があります。 オーナー渡辺シェフは毎年イタリアに行き、日本にはまだ輸入されていないワインや食材を持ち帰ってきます。その際、現地の友人たちから聞いたその年のワインの違いや食材についてや、そして行くたびに魅了されてゆくイタリアの魅力を、リアルタイムでできるだけたくさんの日本の皆様にお伝えしたいと考えています。そんなイタリアへの熱い想いに対して、たくさんの方が共感し、お店のファンになってくださっています。

イルヴィアーレ人気の「秘密」

素材へのこだわり

イルヴィアーレでは、イタリアから多くの食材を調達しています。その理由は、多くの方々にイタリアの豊かな食文化を伝えるためにも、イタリア本場の料理にできる限り近づけたいという想いがあるからです。 中には、「日本にも似たような食材があるし、そちらを使えばリーズナブルなのでは?」という疑問を持たれる方がおられるかもしれません。ですが、和食であれば、日本で加工された鰹節を使ってだしをとるでしょうし、できる限り産地が分かっているお米を提供するのではないでしょうか?

素材へのこだわり

イタリアの食肉加工品には長い歴史と伝統があります。肉と塩をメインとしたシンプルな材料ながら、職人が伝統に則って作った多種多様な肉の加工品があり、さまざまな香りや旨み、食感の違いのバリエーションがとても豊かで驚かされます。 手打ちパスタやフォカッチャの味・食感・香りに大きく影響を与える「粉」はすべてイタリアの粉を使用。そしてチーズも、モッツァレラチーズやパルミジャーノチーズ、ゴルゴンゾーラチーズ等約7種類程とりそろえています。

イタリア独自の食文化を感じて欲しい

旬の時期にはピエモンテ産の白トリュフをふんだんに使ったり、高級イタリア牛のキアニーナ牛で、豪快に炭火焼パーティーをするなど、季節やイベントに合わせた食材を仕入れ、お客様に楽しんでいただいています。

時には特別な食材も仕入れています